脱毛・薄毛の原因遺伝子発見!

脱毛・薄毛の原因遺伝子発見のニュースは、薄毛に悩む方々に大きい希望を与えています。

以下に、報道記事を抜粋します。

 

「脱毛や薄毛の原因となる遺伝子を、国立遺伝学研究所の相賀裕美子教授(発生遺伝学)らの研究グループがマウスの実験で突き止め、25日付の米科学アカデミー紀要電子版に発表した。

 Sox21という遺伝子が働かないと、毛髪表面の組織キューティクルに異常が生じ、毛が抜け落ちてしまうことが分かった。相賀教授らは、この遺伝子が人間の髪でも働いていることを確認。男性ホルモンの作用とは無関係なため、男女を問わない遺伝性の脱毛症治療につながる可能性がある。

   この遺伝子には、神経細胞などを増やす働きがあることが知られていた。研究グループが、この遺伝子を持たないマウスで実験していたところ、脱毛にも関係していることが、偶然判明した。マウスは、生後15日ごろから脱毛が始まり、約1週間で全身の毛が抜けるなど、脱毛の周期がきわめて短かった。
2009年5月26日11時19分  読売新聞)」

 

薄毛の研究をしていたのではなく、偶然見つけたということに神秘を感じます。そういえば、プロぺシアも新薬開発の際に偶然発毛効果を発見したことからできた発毛薬でした。
 
薄毛の方にとって、新しい治療の道が開かれたわけで、大変な朗報です。
近い将来、薄毛の治療法が確立することも夢ではなくなるかもしれません
 
さて、薄毛の遺伝子・Sox21が働かないことで髪の毛の表面を覆うキューティクルに異常が起き、脱毛するという衝撃の事実がわかりました。
 
キューティクルを大事にすることが効果ありそうですね。
やはり、毎日使うシャンプー には気を使いたいものです。