育毛3つの重要ポイント シャンプー・育毛剤・生活習慣

育毛はシャンプー・育毛剤・生活習慣の3つの面からケア

以前は抜け毛・育毛対策というと、頭皮の外側に作用する育毛剤のみが注目されていましたが、最近はシャンプーで頭皮の環境を整えることと、体内から育毛を働きかけることの重要性が広く知られるようになってきました。

現在では、育毛シャンプー・育毛剤・生活習慣改善を同時に行っていくことが必要不可欠だということが、広く認知されてきています。

つぎに、具体的な効果と注意点を挙げていますので、参考になさってください。

 1.頭皮(スカルプ)を清潔にする

毛穴に詰まった皮脂や汚れを取り清潔に保つことは、育毛の第一歩です。

脂漏性脱毛症という症状があります。皮脂の過剰により毛穴がふさがり、髪の正常な発育を妨げる状態です。多くは遺伝的な体質によるものですが、正しいシャンプー法やスカルプケアである程度対処可能と言われています。

スカルプに良い育毛シャンプー を選び、正しいシャンプーの仕方 をマスターすることが育毛の第一歩と言えるでしょう。

2.体質に合った育毛剤

スカルプケアをした良い状態の頭皮に、ご自分に合った育毛剤を塗布します。一般的に、塗布したときに刺激を感じるものは避けたほうがよいということです。

育毛剤には血管を拡張して毛根に血流を促すもの、毛根に直接栄養を与えるものなど種類に違いがありますので、ご自分に合ったものを選ぶ必要があります。>>詳細はこちら

3.生活習慣・食習慣の改善→育毛サプリメント

育毛サプリメントは、どうして必要なのでしょうか?それは、体の中から育毛環境を整えることが重要だからです。

油ものや肉類が好きで野菜が嫌いではありませんか?もしそうなら、一刻も早く栄養バランスの取れた食事に切り替えてください。脂漏性の方は、偏った食事をしていらっしゃる方が多いです。

大豆イソフラボンと唐辛子の成分カプサイシンを同時に半年以上摂取すると、毛母細胞が刺激され60%以上の男性に改善が見られるとの研究論文があります。豆腐と唐辛子を組み合わせた料理など工夫して摂ることは、一番お金のかからない育毛法です。

しかし食生活の改善というのは、言うは安し、行うは難し。どうしても難しいという一人暮らしの男性の方も多いでしょう。そのために、育毛サプリメントで補給しようということです。

また、皮膚や髪は夜作られます。不規則な生活で睡眠時間が少なかったり深夜遅くまで起きているなら、今すぐ生活リズムの見直しが必要です。

また、ストレス性の脱毛症の方もいらっしゃると思います。ストレスを抱えた方に、ストレスをなくせと言っても簡単に出来るものではありません。ただ、薄毛の悩みでストレスをお感じになっているなら、こちらのページが少しでもストレス軽減のお役に立てば幸いです。

 

残念ながらどんな方法を試しても改善が見られないという方もいらっしゃいます。薄毛の原因はさまざまな要因が絡み合って起こるので、万人に効果のある方法はないからです。

効果に個人差がある育毛対策。効果が出るまでに最低半年〜1年続ける必要があるというのも、対策を難しくさせる一因です。正直に言って、お金もかかります。育毛は努力と忍耐、そして経済力の要る長期戦なのです。